JAL 国際線パリ線ファーストクラス搭乗記 女子旅過ごし方

今回はビジネスクラス正規運賃にアップグレード申請をしてのファーストクラス搭乗です。

ちなみに、運賃47万円也……

今回の私のお部屋。


12時間半のフライトをいかに有意義に過ごそうかファーストクラス申請をして、そしてファーストクラス確定した日からワクワクしながらこの日を待ちわびていました😍

11月にビジネスクラスで47万円のチケットを購入しました。
今回は父との初めての親子旅行で(母は4年前に他界)父は私のマイレージビジネスクラスを予約しました。

年明けだったかな〜 JALのHPを見ていたところマイレージのアップグレート対象のチケットだったので、もうなかなか乗る事のできないファーストクラスのアップグレートを申し込んだのです。

ただ、その時点ではキャンセル待ちだったので、『アップグレートできたらラッキー!』位にしか思っていなかったのですが、3月に晴れてステータスがクリスタルになって、その後にアップグレート申請が承諾されたのです。


やはり、ステータスを持つとこういった恩恵があるのかと………😏


お決まりのサロンで乾杯。

ラウンジにもサロンがあったので、グビグビ頂いた後だったので、実はこの時、既にかなり酔っぱらい状態になっていたのです😓

本日のファーストクラスは8席のうち6席が使用で2席空席でした。


後にCAさんに尋ねてみたら、6席中5席が特約航空券か私のようなアップグレード組で、1名が250万のキャッシュだそう。

いるんですね、ホンモノのお金持ち……………🤑



あ、私ですか?



ニセモノです( *'w')b


ラウンジでお酒を飲み過ぎてしまい、お食事のお供にはロイヤルブルーティーをチョイスしました。


爽やかな口当たりで、本当に美味しいです!


お味は台湾の高山茶を水出しにしたあの爽やかな烏龍茶の味に近いです。


ワインのように頂くのがこれまたお洒落ですね。


「この散らばっている筍も食べていいですか?」

って 聞いてみたら CAさん、何て答えるのかなー……


季節の小皿 五彩

こちらも美味しくて……😍
海の幸の小皿ですね。
どれもとても柔らかくて、煮穴子の桜寿司は口に入れると溶ろけちゃうくらい穴子がふんわりと絶品でした。





お椀。
ん?? よーく見ると、桜🌸が吸い物に入っています。

スバラシイです‼︎
あー 日本人に生まれてよかったー!😌


ほら、みえます?桜の花びら。





車海老とタイラ貝 若竹仕立て 燻したじゃが芋の冷製うに茶碗蒸し キャビアと共に

そして、森伊蔵と共に……

こんなにたくさんのキャビアを食べたの、生まれて初めてです。

頰の奥がふんわり、まったりとした美味しさで森伊蔵と良く合います。



このジュレがまた良いお味。

燻製のじゃが芋だから、なんだか妙な味がしたのか〜!
個人的には、燻さなくてもよかったと思いますが、キャビアと一緒にいただくとまったりして美味しかったわー(´v`o)♡


きっとセレブには燻したジャガイモが合うのだと思います😙


このタイミングで、ナフキンにこんなものを発見‼︎
CAさんに使い方を尋ねてみたところ、

CA「えっ? 存じ上げなかったです(汗)」

………知らないんだ………( ̄▽ ̄;)

私「こう使うのかな?」

CAさん「いいアイデアですね〜!」

私「ピンポンですか?」

CAさん 「ピンポンでございます」


本日のメイン 牛ほほ肉の肉じゃが

も、もう お腹が限界……‼︎

何気にお肉の分量もかなりボリュームがある……


私、個人的にいつも感じているのが、機内食の牛肉っていつもペディグリーチャムのような変なニオイがするんだけれど、この牛肉はしないの!😋


味はバツグンに美味しかったので、苦しかったのですが、もう二度とファーストクラスのお食事に有り付けないと思うと、私のもう1つの胃袋が全部食べてしまいました。(・∀・)

人間の底力ってスゴイ…

タッパーに詰めて、パリのホテルに持って行っても良かったと今となっては本気で思ってしまいます。

なかなか出来ませんが……(´∀`;)

しかし、もしか次のファーストクラス時は絶対にやってしまうでしょう…


だって、パリの食事ってパンばかりで飽きちゃうんだもん……


そして甘味。
練乳の氷菓 ライチヨーグルトソース 苺添え
龍吟名物 ピスタチオ仕立ての松風
六本木ぷりん。

ピスタチオ仕立ての松風に『ブサッ』と楊枝を刺してしまった後に慌てて写真を撮りました😅


ふ、ぷりんが大きい……(´∀`;)


そして、美味しーい(^◇^)
お腹がキツくて大変だったけれど、機内食でこんなに贅沢な経験を無駄にしたくなくて頑張って食べてきました!


ファーストクラスは和食か洋食か事前に選ぶ事ができます。

私のお隣の外人さんは洋食を選んでいました。

男性だったからかも分かりませんが、食べるのが早いのか、お食事が終わるのがとても早く感じました。


事前予約の際、悩みましたが、和食を選んで大正解でした!


次回も和食で行こう! (日本発の場合)


お食事が終わると、ト、トイレに……^_^

トイレで、着替えと歯磨きと、メイクを落として、すっかり夜モードへと切り替えて。

写真には納められなかったのですが、ファーストクラス席だけ、皆さんJALジャージでまさに『ここは合宿⁉︎』な状態でした。


ポルシェデザインで普段着でも十分にかっこいいお洋服です。

私はMサイズをオーダーしましたが、日本人男性のLサイズ相当の大きさです。

さて、私は時差ボケ防止で、出発事時から時計をフランス時間に合わせて、フランス時間で行動していたのでそろそろ就寝の時間です。

トイレから戻る間にベッドメイキングをお願いしておきました。


JALのマットはエアウィーブなんです。
適度な弾力で私は固めをチョイス。
エアウィーブは家でも使っているので、ほんともうすっかり私のお部屋です(*⌒▽⌒*)

しばし爆睡。
寝返りしても大丈夫。
足を曲げても 腹筋もできる!

画像では分かりにくいのですが、このウェアはポルシェデザインで私はCAさんのオススメでゆったり着られるMサイズを選びましたが、男性日本サイズでLですね。

帰国してから父にプレゼントしたら形も良くて『普段着にも着られる』と喜んでいました。

機内では私はPCでお仕事したり、趣味のものをしてくつろぎながらわ過ごしていました。
こぢんまりしたシングルベッドの上で過ごしている感じですね。

到着前に、CAさんから勧められてフミコさんの洋食をオーダーしました。

お腹いっぱいなはずなのに…(*´Д`*)

まさかの完食。

粉チーズに生クリームと卵を混ぜたものをオーブンで焼いたものかな??


お料理の盛り付けもお味も素晴らしくて、私はこのレシピに似た物を家で再現したくて、CAさんにお話したところ、お料理担当のCAさんがご挨拶に来てくださいました。

制服の所々粉が着いており、キャビンでオーダーと格闘していたことを伺い知ることができます(^-^)

BEDDのシェフのレシピを守り、私たちのために仕上げをしてくれているのだそうです。

まだお若いCAさんで、この業務のおかげできっとスーパーのお惣菜でも、磨かれ抜いた盛り付けの技で「手作りなの〜」って、お金もちmen'sのハートをゲットなんでしょうね……😏


妄想ですが。


私の担当のベテランのCAさんもパリでのCA御用達のお土産リストを作ってくださったり、たくさんお喋りに付き合っていただきました。


12時間のフライトなのにあっという間。


私のような一般庶民はなかなかファーストクラスを体験することはできないと思いますが、今回、ご縁あって体験できとてもよい経験とお勉強になりました。


また機会がありましたら、その折もよろしくお願いします……



次は特約航空券で参上します…😙


スリに遭遇 in パリ